media

松山で「一期一会のワークショップ&ワークショップ&読書会」

『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』(前田めぐる著・日本経済新聞出版社刊)のなかの「15の質問」がワークショップになりました!
読書会ですが、本は事前に読んでも読まなくてもOKです。
●講師:前田めぐる

●2017年5月20日(木)
13:30~15:00 

仕事をつくる・磨く〜一期一会のワークショップ&ミニ読書会
15:00~17:00 

交流(会場に残れる方は時間の許す限りそのまま茶話会的に交流)
●会場
プログレッソ イベントルーム
松山市湊町4丁目3-10
http://eventroom.jp
● 参加費用

事前に本を購入する場合 3,000円
会場で本を購入する場合 4,500円
●申し込みフォーム
→ https://pro.form-mailer.jp/fms/bf00d1f7120228

● 要:事前申し込み&事前振込み
● 入金確認をもって正式な申し込みとして、ワークシートをメールで送付します
●主催

キャリアコンサルタント 一色麻生( Fushime塾主宰)

「育児・介護・仕事、そしてダブルケアについて語ろう」京都祇園でランチ会

育児と仕事、介護と仕事。両立させるのはなかなか大変です。
もっと大変なのは、育児と仕事がいっぺんにきた場合。
子どもと親(とは限りませんが)両方をケアするこの状態は「ダブルケア」と呼ばれます。

 

「働きたいけれど、働けない」。

日本でダブルケアに直面しているのは約25万人(女性が約17万人、男性が8万人)。

平均年齢は男女ともに40歳前後。その8割が子育て世代の30-40歳代です。

京都府でも4500人(女性3000人、男性1500人)が、ダブルケアを抱えているそうです

経済的負担からそう考える人たちは6割以上いるものの、育児と介護のために働くことができません。(平成28年4月の内閣府調査より)。

そうした「ダブルケアという状況があることを少しでも知ってもらいたい」という思いで、このたびランチ会を開催する運びとなりました。

 

ダブルケアの専門家であり介護コンサルタントでもある野嶋直美さんには実際のダブルケアの体験談も含め、様々な事例をお話ししてもらいます。

また、私自身は、拙著『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』(日本経済新聞出版社刊、2017年2月28日出版)の第5章に「育児・介護と仕事は両立できる?」という内容も書いていることから、育児・介護をしながらフリーランスとして働く方法についてお話しします。

祇園の「ロシアレストラン・キエフ」さんので、心あたたまるコース料理をいただきながら、育児・介護・仕事、そしてダブルケアについて、生きかたについて、気の向くままにゆるりとお話ししましょう。

 

<以下詳細>


「育児・介護・仕事、そしてダブルケアについて語ろう」京都祇園でランチ会

ダブルケアの専門家・野嶋成美さん(札幌在住)をお迎えして

 

日時:2017年4月28日(金)12:30〜

場所:ロシアレストラン「キエフ」
京都市東山区縄手通四条上ル鴨東ビル6F
地図:http://www.restaurant-kiev.com/access.html
会費:3000円(コース料理含む)

主催:前田めぐる

お申し込みフォーム
 PC、スマートフォン 共用
https://ws.formzu.net/fgen/S14981416/
携帯電話の場合
https://ws.formzu.net/mfgen/S14981416/

続きを読む

広島で「一期一会のワークショップ」

*以下は、主催者様による フェイスブックイベントページからの転載です。
お申し込みはイベントページでお願いいたします。→ イベントページ

 

『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』(前田めぐる著・日本経済新聞出版社刊)のなかの「15の質問」がワークショップになりました!
読書会ですが、本は事前に読んでも読まなくてもOKです。
●講師:前田めぐる

●2017年5月11日(木)19:00 - 21:00

●会場福山のiPad教室 Communication Laboratory Phanos(ファノス)

福山市御門町3丁目6番5号 銀河学院研修センター2F

定 員:15名限定 ※先着順
参加費:ドリスタ参加者 4,000円
    ドリスタ初参加の方 4,500円
※「前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか」の本がテキストとなります。

参加費の中には本題が含まれておりますが、もし本をお持ちの方はご相談ください。また、セミナー参加の方で事前に本を読みたい方は、主催者にご連絡ください。事前に本をお渡しいたします。
講 師:コピーライター、プランナー 前田 めぐるさん
主 催:ドリスタ福山
後 援:日本終活サポート協会
お問合せ:赤川なおみ
※セミナー開催2日前からのキャンセルは、キャンセル料として参加費の70%をいただきますので、ご了承ください。
※セミナー終了後、講師を囲んでの懇親会を開催いたします。
参加費はご自身のお食事代プラス500円の予定です。
●申し込みフォーム(記事の中にあります)
→ http://ameblo.jp/westudy-fukuyama/entry-12265201918.html
=======================================
【講師紹介】
前田めぐるさん
コピーライター、プランナー。「生活の実感を知る主婦の視点」でフリーランスとして企業支援
を行う。育児はもとより、実母の在宅介護・在宅医療と仕事の両立も体験。企業支援において
は在宅勤務の推進に向け、フリーランスとしての体験を生かす。京都在住。
http://maedameguru.com/
=======================================
ドリスタ福山は「Dream study@fukuyama」を略しています。
まさに「福山で夢を実現する勉強会」です!

 

学ぶ仲間がいるから実現できる!

モチベーションもテンションも維持し続けることができる「ドリスタ福山」の仕組み
http://ameblo.jp/westudy-fukuyama/entry-12263346514.html


2014年より毎月第1木曜日の夜開催の月一勉強会『ドリスタ福山』をスタートして4年目。
2017年より新たにセミナー内容、ビジネスの他に人生を豊かにするための基礎知識など、これまで以上に講座内容を広げ「受けてよかった」「背中を押してもらえた」と受講してくださったみなさまが感じていただけるセミナーを開催してまいります。
素敵な仲間とともに、学びましょう。

アメーバニュースで掲載されました

 

あめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』(日本経済新聞出版社刊)がアメーバニュースで掲載されました(2017年3月24日)。

掲載記事> 全文

「フリーランスになるには、起業塾にはいることが必要?」
「ママ友に起業コンサルタントを紹介されたけれど?」「高額な起業セミナーで即モトがとれたという人がいるけど、受けたほうがいい?」
主婦の起業がブームだと言われる今、起業塾やコンサルティングも多種多様。トラブルを警戒する人や、誰のどんな意見を参考にすればいいのかと悩む人も多いようです。
周囲の意見にパニックを起こさず、無理せず等身大で自分らしいフリーランスを始めるにはどうしたらいいでしょうか。

起業セミナーやコンサルティングを受ける前に
起業コンサルタントに相談するときは、「人に勧められたから」と即断せず、まずその人のセルフメディアを読んだうえで、判断するといいでしょう。
「自分の考えや価値観とフィットするか・信頼できそうか・新しい示唆を得られそうか・その業界のことに詳しく実績があるか・自分の体験以外にも多様な事例を持っているか」……このうちのいくつかに当てはまるかどうかがポイントです。
起業塾についても、高額だからいい悪いということではなく、実際に受講した人に話を聞くなどリサーチしてからにしましょう。
何ごとも、他人の意見に右往左往するのではなく、自分の判断基準を持って決めることが大切です。

ブレずに、働き続けるために
フリーランスの毎日は、決めることの連続です。
「ゆずれないことを決める/引き受けると決める/どんなふうにでも働き続けると決める」……この3つの原則を持つことで、ブレることなくスピーディに判断することができます。
仕事の進め方。迷ったときの選択の仕方。トラブル時の対処の仕方。仕事とプライベートの折り合いのつけ方……岐路に立っていると感じたとき、その判断をいつも自分の原則と照らし合わせるようにします。

独自性の高い商品=オリジナル
フリーランスで始めるには、まず自分の商品を確立する必要があります。
自分に対する「オリジナルを見つける15の質問」(第2章)と「強みを商品に変える3つの『W』」(第2章)で、オリジナルを尖らせてみましょう。

新しい価値を提供し続ける
頼まれ続けるフリーランスであるためには、常に新しい価値を提供したいですね。そこでやってみるといいのは「再編集」です。自分のコアとなるスキルを最小単位に分解し、8つの展開で再編集してみましょう。
「1.ターゲットを変える/2.ジャンルを変える/3.メディアを変える/4.時代のニーズから発想する/5.好きで得意なことから発想する/6.性格やキャラクターで個性を出す/7.複数のスキルや資格を組み合わせる/8.体験を生かす」……ニーズを見極めながら、可能性を追求していきましょう。

育児や介護、ライフイベントを味方につける
育児・介護などのライフイベントのさなかでは、どうしても仕事をする時間が限られてしまいます。
しかし「こんな時期だからできることもある」「『せい』より『おかげ』」と考え方を変えることで、自分らしく働き続けることができます。
ストレスを減らし、クライアントからの信頼を深めながら、できる範囲で働き続けていくこと。生きていること、暮らしていること。全部を使って、働くことに生かしていく。そんなワーク・ライフバリューな働き方ができるといいですね。

フリーランスで始めたい人、すでにフリーランスで次のステージに行きたい人、育児や介護とフリーランスを両立させたい人は、主婦も、主婦以外の人も読んでみてはいかがでしょう。

参考図書『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』日本経済新聞出版社(2017/2/28)
著者:前田めぐる