ドイツ発『ウォーリーぐるみ』が心配事を引き受けます

ダウンロード
ドイツ発ウォーリーぐるみが心配事を引き受けます
ケルザ総代理店が運営するベルリン京都.comでは、ドイツ発のウォーリーぐるみを発売します。
release5worry.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 499.2 KB

ドイツから心配事を引き受ける「ウォーリーぐるみ」が上陸


ドイツ・ケルザ社の総代理店が運営するべルリン京都.comは、心配事や悩み事、願い事を
引き受ける「ウォーリーぐるみ」を販売します。
●製品名:ウォーリーぐるみ
●価格:1個 2,600円 ~2,800円
●対象:3歳以上
●体長:約 25cm(手作りのため誤差有)
●素材 :主生地 綿100% またはポリエステル混、中綿 ポリステル
●手洗い :可能
●使い方 : 悩み事や心配事を小さな紙に書いて、お腹のポケットに入れてマジックテープを閉めたらもうだいじょうぶ。あとは枕の下(近く)にウォーリーぐるみごと敷いて寝るだけ。
●種類:ウォーリーぐるみ(4種類)
「ハッピーエルフィ」 2800円(右前)
「フォーチュンカージィ」2800円(左前)
「ベビーマペル」2600円(右奥)
「ラッキービート」2600円(左奥)
●公式サイト:http://kersajp.jimdo.com/

【ドイツの教育者が勧めるクマープッペ(お悩み人形)】
ウォーリーぐるみを通じて心配事を知った親は、翌日、子どもの心配事についてさりげな
く話題にしたり、そっと見守ったりと、子どもが自分で悩みを解決できるよう支援することができます。また励ましのメモや、小さなプレゼントを入れておくこともあります。子どもの自己解決力を育む「クマープッペ(お悩み人形)」は、ドイツの教育者たちも推奨しています。 心配事や悩み事だけでなく、願い事をかなえたいときにも。

 

グァテマラのマヤ・インディアンにも、これとよく似た「ウォーリードール」の古い言い伝えがあります。不安や悩みごとをウォーリードールにささやいてから枕の下において眠ると、 翌朝にはこのお人形が取り除いてくれるといわれています。

【ケルザについて】
ケルザ社は1925年ドイツで設立された手作りハンドパペットとぬいぐるみのアトリエです。
100%ドイツ国内一貫生産という「品質保証」を徹底し、環境にも配慮したものづくりを
行い、ヨーロッパの家庭で愛され続けています。

【ご取材ご報道についてのお問合せ】
ケルザ総代理店(前田めぐる事務所内)担当 前田
ウォーリーぐるみの問い合わせフォーム
https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01131884